Mリーグでの役満一覧!名場面の紹介とMリーグの役満について

Mリーグ役満 麻雀・Mリーグ
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
スポンサーリンク

麻雀の最高役である『役満

子で32000点・親で48000点をもらえる、麻雀打ちなら誰もがアガりたい手ですよね。2023-24シーズンで6年目を迎えたMリーグですが、これまで何度も『役満』が出ています。

最近Mリーグを見始めた方は過去に誰が役満をアガって、どんな役満が出たのか気になりますよね?

この記事ではMリーグで出た役満の一覧Mリーグでの役満について名場面を紹介します。

役満が出た場面は大興奮しますよ。

この記事でわかること
  • Mリーグで出た役満の一覧
  • Mリーグでの役満について
  • 役満の名場面
スポンサーリンク

Mリーグで出た役満の一覧

2023-24シーズンで6年目を迎えたMリーグですが、過去に役満は21回出ています。(2024年1月現在)

シーズン日付選手放銃
2018-1910/26佐々木 寿人国士無双松本
2/7滝沢 和典大三元園田
3/10前原 雄大大三元多井
2019-2010/11近藤 誠一大三元ツモ
10/26瀬戸熊 直樹四暗刻ツモ
11/14沢崎 四暗刻ツモ
12/12白鳥 四暗刻単騎小林
2/25黒沢 四暗刻単騎内川
2/27魚谷 侑未国士無双ツモ
3/3魚谷 侑未四暗刻ツモ
6/18朝倉 康心大三元ツモ
2020-2111/16松本 吉弘四暗刻ツモ
1/2 慎吾四暗刻ツモ
4/20鈴木 たろう四暗刻ツモ
4/29松本 吉弘四暗刻ツモ
2021-223/22佐々木 寿人四暗刻ツモ
2022-2310/3伊達 朱里紗四暗刻ツモ
2/14二階堂 亜樹四暗刻単騎魚谷
2/23園田 国士無双
3/2高宮 ま四暗刻ツモ
5/16滝沢 和典四暗刻ツモ
Mリーグで発生した役満一覧

役満が出なかったシーズンはまだありません。

ファイトクラブは全員が役満をアガっているわ。

スポンサーリンク

Mリーグの役満について

Mリーグで採用されている役満は12種類で『天和・地和・国士無双・四暗刻・大三元・緑一色(發なしでも可)・字一色・小四喜・大四喜・清老頭・四槓子・九蓮宝燈』になります。

ローカル役の十三不塔(シーサンプーター)・大車輪(ダイシャリン)・紅孔雀(ベニクジャク)などはMリーグで採用されていません。

Mリーグのルールでは純粋な役満の複合は認められ、ダブル役満・トリプル役満はあります

大四喜(ダイスーシー)や四暗刻単騎などをローカルではダブル役満としているところもありますが、Mリーグでは通常の役満扱いです。

そして数え役満はMリーグではありません。13翻以上でも三倍満になります。

責任払い(パオ)は大三元・大四喜・四槓子で適用されるときがあります。

適用される条件は、大三元は3種類目の三元牌をポン(大明槓)させた場合、大四喜は4種類目の風牌をポン(大明槓)させた場合、四槓子は4種類目を大明槓させた場合です。

この場合、ツモ上がりは責任払い・別の放銃者がある場合は折半払いとなります。

スポンサーリンク

役満の名場面

Mリーグで役満が出た場面でも特に印象深いものをご紹介します。役満自体が珍しいですが、紹介するものは名場面と呼ばれているものばかりです。

2019-20シーズン、10月11日、セガサミーフェニックス・近藤誠一選手の大三元です。

近藤選手の配牌は、發がトイツだけ「ドラなし・赤なし」のバラバラで魅力もなさそうな手に見えます…。

そんな中、第一打に選んだのは唯一のリャンメンである「5萬」。勝負を諦めたようにも見える状態から驚異的なツモで周囲をざわつかせます。

「カッ」と鳴いてツモるシーンはまさに夢芝居。

「あの配牌から誰が予想したか!?」と叫んだ実況の松嶋さん。同じ気持ちを視聴者全員が思ったことでしょう。

第一打の5萬切りが凄すぎるね。

盲牌で發とわかって「カッ」と言ったらしいわよ。

2019-20シーズン、2月25日、TEAM雷電・黒沢咲選手の四暗刻単騎です。

レギュラーシーズンも最終盤。

内川選手が所属するサクラナイツは+99.1ポイントの3位。セミファイナルに進出するためには6位以内に入らなければならない。余裕がありそうにも思うが、ここにきて7位のドリブンズが猛追を見せる。

このままではサクラナイツもセミファイナル進出争いに巻き込まれる恐れがある状況。ラス目の内川選手はドリブンズ・村上選手にトップを取られるわけにはいかない。

内川選手のアガリ牌が風林火山・勝又選手から放たれるも、ここでアガると村上選手がトップになり、自分の着順も上がらないためスルーを選択…

ところが親の勝又選手がリーチをしているにもかかわらず、猛然と危険牌をプッシュしてくる雷電・黒沢選手!

セレブの異名を持ち、高打点を狙ってくる人がただならぬ気配を出している…。

内川選手は何とかテンパイのまま流局し、次局に望みを繋ぎたい…。

そんな中、最後にまさかの牌がやってきます!

CMにも使われたMリーグの名場面です。

伝説の「西」が生まれた局です。

内川選手の表情がたまんないのよね。

2022-23シーズン、10月3日、KONAMI麻雀格闘倶楽部・伊達朱里紗選手の四暗刻です。

この日はMリーグ2022-23シーズンの開幕日。パブリックビューイングも開催されていました。

序盤でタンヤオ・一盃口の聴牌を取らず、トップを狙い高打点を目指す伊達選手。同じく近藤選手も七対子の聴牌を取らず高打点を狙う…。

伊達選手は四暗刻を聴牌し、仕掛け出した近藤選手を見てリーチに踏み切ります。

近藤選手も負けじと応戦しますが、前年度最高スコア賞の『朱きヴァルキュリア』伊達選手が力強くツモる。

見事に四暗刻を開幕日に成就させました!しかも形は知る人ぞ知る幻のローカル役満・四連刻(スーレンコー)でもあり、ファンは大興奮!

「今年も伊達か!?」と叫ぶ実況の日吉さん。その言葉の通り、伊達選手はこのシーズンで見事MVPに輝きました。

前年度は一度しか出なかった役満が開幕初日から出ました。

対局した伊達・本田・瑞原が最後までMVP争いをしたのよ。

スポンサーリンク

まとめ

Mリーグで出た役満の一覧と、役満に関するルール・名場面についてお伝えしました。

  • Mリーグでは過去に21回の役満が出ている。(2024年1月現在)
  • 過去に一度も役満が発生しなかったシーズンはなし。
  • ファイトクラブの選手は全員が役満をアガっている。
  • Mリーグでは12種類の役満があり、ローカル役満はない
  • 純粋な複合でダブル・トリプル役満はある数え役満はない
  • 責任払い(パオ)はある。

役満は麻雀の大きな魅力です。起死回生の大逆転になる場合もあり、視聴者をワクワク・ドキドキさせてくれます。

Mリーグでは12種類の役満がありますが、まだ3種類しか出ていません。

この先、どんな役満をどの選手がどんなドラマでアガるのか楽しみですね。

個人的には天和・九蓮宝燈を見てみたいですね。

Mリーグを見るならABEMAプレミアムへの加入がおすすめです。

Mリーグに関する記事は他にも書いています。

今回は以上です。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ
にほんブログ村
この記事を書いた人
ピロリ

筋トレ歴5年以上・麻雀歴20年以上のアラフォーサラリーマン。関西在住。世知辛い社会を生き抜く傍ら2児の父としても奮闘中。筋トレと麻雀(Mリーグ)関係が中心ですが、ちょっと役に立つような情報も紹介しています。Mリーグはパイレーツ推し。少年野球ではお父さんコーチとしてお手伝い。

ピロリをフォローする
PVアクセスランキング にほんブログ村
麻雀・Mリーグ
スポンサーリンク
シェアする
メンピンブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました