【経験談】10年以上続けていたパチンコ・スロットをやめた理由【やめたい人向け】

パチンコ・スロット やめた理由雑談・考察・おもしろ

パチンコやスロットは勝つ経験をすると楽しいものです。

反面、ハマり出すとなかなかやめられないもの

自分もパチンコ・スロットを10年以上続けていたのでよくわかります。

しかし、あることに気付いたことでやめるようになりました。

ピロリ
ピロリ

突然ふと思ってしまったことがあるんです…。

そこで今回はパチンコ・スロットをやめたいと思っている人向けに経験談を書きました。

自分がパチンコ・スロットをやめた理由です。

全て経験談になりますが、

パチンコ・スロットをやめたいと思っている方の参考になればと思います。。

スポンサーリンク

パチンコ・スロットをやめた理由

パチンコ・スロットは就職してすぐにハマり、10年以上続けていました。

先輩・同期たちと初めて行ったときにビギナーズラックで勝ったことがきっかけ。

毎月給料をもらうと、すぐにパチンコ屋へ。

負け続けて食べ物に困り、給料日前はタバコとコーヒーで凌いでいた時も…

でも、たまに勝つ時の快感が忘れられない

ピロリ
ピロリ

依存症とまではいかなくても、それに近い状態ではあったように思います。

そんなパチンコ・スロットも、あることを理由に「やめよう」と思うことになりました。

その理由とは、

「自分はパチンコ・スロットが楽しいのではなく、お金が増えることが楽しい」

このことに気付いたからです。

ふと思ってしまった

パチンコ・スロットにハマり出したときは、当たるかどうかのドキドキ感や色々な演出も楽しみでした。

前兆の演出やP‐フラッシュが楽しくて仕方ない…。

それがいつからか、

「長い演出はいらないから、当たるならさっさと当たってくれ!」

「当たったなら、決まった出玉か枚数をくれれば良いのに。」

と考えるようになっていました。

ふと思ってしまったのです。

「当たっても楽しくない

決定的だったのは『ミリオンゴッド・凱旋』を打っていた時。

GOD揃い(フリーズ演出)が出現して嬉しいはずなのに、

「打つのが面倒くさいから、数だけくれよ!」

と思ってしまったこと…。

ピロリ
ピロリ

昔はこんな感情になるなんて思いもしなかった…。

ただお金が欲しい

結局のところ自分は、

「ただお金が欲しい。お金を増やしたいだけ。」

この精神でパチンコ・スロットを続けていたことに気付きました。

こうなると、

「打ってても楽しくないし、時間がかかるしからやめようかな。」

という思考にたどり着きます。

ピロリ
ピロリ

同時にもっと早く気付いとけよと思ったり…。

やめようと思ったタイミングも良かった

やめようと思ったときに、たまたま好きな機種がなくなること他に趣味が出来たことは、タイミングが良かったです。

好きな機種がホールからなくなる

やめる直前までは、好きな機種がホールにありました。

規制によりスロットの『バジリスク(絆)』『ミリオンゴッド(ハーデス・凱旋)といった5号機と呼ばれた機種がホールから撤去される…

これはもう打ちたい台がなくなる…。

そんな風に思いました。

パチンコはエヴァンゲリオンやAKB48・必殺仕事人シリーズと、好きだった台が新作を出すたびに面白くなくなっていたし、

「ある意味いいタイミングかも」

と捉えて、ホールから足が遠のいていきました。

他の趣味が出来た

他に趣味が出来たことも大きな理由です。

ちょうどそのころ、30代になって体型が気になり、筋トレをスタートしていました。

まだ本格的にはしていませんでしたが、

筋トレをして体が変わる楽しみを見つけ出した頃でもあり、

「パチンコ・スロットでお金を使うぐらいなら、プロテインやジム代の方にお金を使うか…。」

そんな考えも出てきました。

やめたいと思ったときに、たまたまパチンコ・スロットに代わる趣味があったのはタイミングが良かったです。

ピロリ
ピロリ

結果、今はパチンコ・スロットよりも筋トレの楽しさにハマっています。

ちなみに、30代のサラリーマンが筋トレをした方が良いと思う理由も書いています。

距離を置くという考え方

就職してから10年以上続いていたパチンコ・スロットですが、

今では3年以上打っていません

正直なところは『やめた』という表現より『距離を置いた』という考えが近いです。

と言うのも、

「ちょっと遊ぶなら、たまには行っても良いかな。」

と思っているから。

ピロリ
ピロリ

どうしても打ちたい機種が出たなら、また打ってみたいと思うだろうし。

同僚たちにも「もうやめたのか?」と聞かれると、

「ちょっと休憩してるだけ。」

と答えています。(完全にやめたと人に言うと、風当たりも強くなりますから…。)

この先は

打っていても楽しくないから行くのをやめているだけ。

その感覚で3年以上過ぎています。

今はパチンコ・スロットに行こうと思いませんが、先ほど述べた通り、どうしても打ちたい機種が出てきたら行くかもしれません。

ですが、パチンコ・スロットから距離を置いている間に投資や資産運用に興味を持ったので、お金に対する考え方も当時と変わってしまいました。

「お金を増やしたいならパチンコ・スロットはやるべきでない!」

そう考えている今、ホールに足が向かうことは考えにくいかな…。

各メーカーさんが注意しているように、パチンコ・スロットは適度に遊ぶもの

難しいけど、それができるようじゃないと本当にパチンコ・スロットを楽しいと思えないでしょうね。

経験してわかったことは、

10年以上続けていたけど、自分は適度がわからなった。

わからないということは、パチンコ・スロットに向いていなかったのだろう…。

完全な経験談でしたが、やめたいと思う人の参考になれば嬉しく思います。

今回は以上です。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました