シャンディガフにおすすめのビールはコレ!8種類のビールで飲み比べてみた!

シャンディガフにおすすめのビール 役立つ小ネタ
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
スポンサーリンク

シャンディガフをご存じですか?

シャンディガフはビールをベースにしたカクテルで、ビールとジンジャーエールを合わせたもの。

ビールの苦みが薄まりとても飲みやすく大人気のお酒です。

バーで飲む人も多く、居酒屋のメニューで取り入れているお店もあります。

シャンディガフを飲んだことがある人は、家で作ってみたいと思ったこともあるでしょう。

しかし、こんな疑問をお持ちの方も…。

  • ビールの種類が多くて、どれがシャンディガフに合うのかわからない。
  • シャンディガフにおすすめのビールはどれ?

そこでシャンディガフにおすすめのビールを調べるため、スーパーで買える人気のビール8種類で飲み比べてみました

各社のビールはどんな味になったのか、しっかりレビューしていますので、作るときの参考にしてもらえればと思います。

結論、黒ラベルとプレミアムモルツがおすすめに至りましたが、自分好みに作ることが一番大事だとわかりました。

この記事を読めば自分好みのシャンディガフに合うビールがわかり、きっと自分でシャンディガフを作ってみたくなりますよ。

この記事でわかること
  • シャンディガフとは。作り方は?
  • スーパーで買えるシャンディガフにおすすめのビール。
  • 人気のビールでシャンディガフの飲み比べをした結果。
スポンサーリンク

シャンディガフはビールとジンジャーエールを合わせたもの

シャンディガフとはビールとジンジャーエールを合わせたカクテルのこと

ビールの苦みをジンジャーエールがまろやかにしてくれるため、ビールが苦手な人でもおいしく飲める人気のカクテルです。

口当たりがよく、爽やかな飲み口で何杯も飲みたくなるような魅力があります。

女性にも人気のカクテルで、バーに行くと飲んでいる方も多く見られます。

バーで初めて飲んだ時、すごく飲みやすくて感動しました。

シャンディガフの作り方はとてもシンプルです。

グラスにジンジャーエールを半分ほど入れ、ビールをそこに入れるだけ

ビールとジンジャーエールを「1:1」の割合で入れることがおすすめとされていますが、好みの具合で割合は変更するといいでしょう。

氷を入れないカクテルで、注ぐグラスとビール・ジンジャーエールは良く冷やしておくとおいしいです。

スポンサーリンク

シャンディガフにおすすめのビールはコレ

シャンディガフを自宅で作るときにおすすめのビールは「サッポロ 黒ラベル」か「サントリー プレミアムモルツ」です。

シャンディガフに合うビールを調べるため8種類のビールで飲み比べを行ったところ、黒ラベルとプレミアムモルツが特においしく感じました。

ビールとジンジャーエールは「1:1」の割合で行った結果です。

もちろんこれは個人的な意見であり、甘めが好きな人・苦みがしっかりある方が好きな人など、自分の好みがあります。

この二種類のビールは甘み・苦み・口当たりなど、ちょうどいいバランスに感じました。

もし自宅で初めてシャンディガフを作るときのおすすめビールを聞かれれば、黒ラベルかプレミアムモルツがおすすめと答えます。

黒ラベルプレモルが飲みやすかった。

ビールとジンジャーエールの割合次第のところもあるけどね。

スポンサーリンク

8種類のビールで飲み比べてみた

今回シャンディガフの飲み比べ用に用意したビールはこちらです。

用意したビール
  • アサヒ スーパードライ
  • アサヒ アサヒ 生ビール マルエフ
  • キリン 一番搾り生ビール
  • サッポロ 黒ラベル
  • サッポロ THE DRAFTY (ザ・ドラフティ)
  • サントリー プレミアムモルツ
  • サントリー PSB(パーフェクトサントリービール)
  • サントリー ビアボール

スーパーでもよく見る、人気のビールを用意しました。

ビアボールTHE DRAFTY (ザ・ドラフティ)はシャンディガフのために初購入です。

ピロリ
ピロリ

個人的に好きなビールはスーパードライ・マルエフ・黒ラベルです。

シャンディガフに用意したジンジャーエールはこちら。

シャンディガフに用意したジンジャーエール
シャンディガフに用意したジンジャーエール

カナダドライ(コカ・コーラ)です。

ジンジャーエールの中では甘めでカクテルなどを作るのにおすすめ。

そのままジュースで飲んでもおいしいジンジャーエールです。

CANADA DRY(カナダドライ)
¥1,966 (2023/01/05 14:21時点 | Amazon調べ)

飲み比べをした結果をランキングにしてみました。

ビールとジンジャーエールは「1:1」の割合で作っています。

個人的においしいと感じたランキングです。

飲み比べしたランキング
  1. サッポロ 黒ラベル
  2. サントリー プレミアムモルツ
  3. キリン 一番搾り生ビール
  4. サントリー ビアボール
  5. アサヒ アサヒ 生ビール マルエフ
  6. サントリー PSB(パーフェクトサントリービール)
  7. サッポロ THE DRAFTY (ザ・ドラフティ)
  8. アサヒ スーパードライ

意外にも大好きなスーパードライが、シャンディガフにするとイマイチに感じました。

ビアボールは自分好みの味に変えやすくて良かったわ。

ここからは飲み比べをしたビールをそれぞれレビューします。

個人的な意見になりますが、自宅でシャンディガフを作るときの参考になれば嬉しいです。

スーパードライで作ったシャンディガフ
スーパードライで作ったシャンディガフ
  • ビールの時と比べ、甘みはあるが苦みも強く残っていた。
  • ガツンと来る感じはなくなりジンジャーエールの風味を感じた。
  • 薄いビールといった印象。
  • のどごしはスッキリ。
マルエフで作ったシャンディガフ
マルエフで作ったシャンディガフ
  • スッキリさわやかな風味。
  • ビールとジンジャーエールのどちらでもない新鮮な感じ。
  • 苦みは薄く甘みが強い。
  • 味自体は薄い印象。
一番搾りで作ったシャンディガフ
一番搾りで作ったシャンディガフ
  • ビールよりもジンジャーエールの感じが強く出た。
  • 濃い目の味。
  • 一番搾りの苦みが少なくなった印象。
  • ジュースのように飲みやすい。
黒ラベルで作ったシャンディガフ
黒ラベルで作ったシャンディガフ
  • 甘い飲み口。
  • 苦みが薄い。
  • まろやかな口当たりでカクテル感がある。
  • とても飲みやすい。
ザ・ドラフティで作ったシャンディガフ
ザ・ドラフティで作ったシャンディガフ
  • アルコール感はほぼない。
  • 少し薄めのジンジャーエール。
  • 甘めの味で苦みも薄い。
  • お酒の弱い人はこれで楽しめそう。
プレミアムモルツで作ったシャンディガフ
プレミアムモルツで作ったシャンディガフ
  • 甘みは少なめ。
  • ほどよい苦みが残る。
  • 濃い味なのにスッキリ。
  • ビールとジンジャーエールがマッチしている印象。
パーフェクトサントリービールで作ったシャンディガフ
パーフェクトサントリービールで作ったシャンディガフ
  • さっぱりした飲み口。
  • ビールの苦みが減ってとても飲みやすい。
  • ごくごく飲める。
  • 糖質ゼロのメリットがなくなることが残念…。
ビアボールで作ったシャンディガフ
ビアボールで作ったシャンディガフ
  • ジンジャーエールとビアボールは「3:1」の割合で作る。
  • 味はしっかりも炭酸は弱め。
  • 苦みも甘みもあって、しっくりくる。
  • 少しずつゆっくりと飲むにはコレがいい。
スポンサーリンク

家でシャンディガフを作るときはジンジャーエール多めがおすすめ

8種類のビールでシャンディガフを飲み比べて、家でシャンディガフを作るときはジンジャーエール多めがいいと思いました。

理由は、ビール感が残りがちで甘みが少ないから。

カナダドライを使った甘めのジンジャーエールなら、もっと甘みが協調されジュース感が強くなると思いましたが、そうもうまくいかず…。

甘いカクテルとして楽しみたいなら、ジンジャーエール多めがおすすめです。

シャンディガフなら甘い方が良かったので…。

逆に甘くないシャンディガフを飲みたい方はビールの割合を増やすか、ジンジャーエールを辛口タイプ(ウィルキンソン ジンジャーエール等)にするといいでしょう。

最終的には好みの問題になりますから、どれが一番自分においしいと感じるのかは試しながら作るしかないと思います。

むしろ自分に合ったシャンディガフを探せる喜びは、自宅ならではの醍醐味と言えるかもしれません。

割合や種類を自分好みにアレンジして作ると楽しいわ。

ブログ仲間のことりさんがシャンディガフを作った感想を書いた記事も参考にどうぞ。
コラム風になっていて読むとシャンディガフが飲みたくなりますよ。

スポンサーリンク

まとめ

シャンディガフを作るときのおすすめビールについてお伝えしました。

今回は「サッポロ 黒ラベル」と「サントリー プレミアムモルツ」がおすすめという結果になりました。

しかしこれはあくまで筆者の個人的な意見ということをお忘れなく。

各社、どのビールもとてもおいしいです。

ただずっとビールだと飽きるときもあるでしょう。

そんな時はビールをジンジャーエールで割ったシャンディガフは飲みやすくておすすめですよ。

参考にしてもらうため、色んなビールを使って飲み比べを行いましたが、大事なのは自分の好みかどうかです。

自分好みのシャンディガフができれば、きっとビールに負けないくらい好きになるでしょう。

この機会に自宅でシャンディガフを作ってみてはいかがですか?

最後になりましたが、いくら飲みやすくてもシャンディガフはお酒です。

適量を守りくれぐれも飲み過ぎにはご注意ください。

今回は以上です。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ
にほんブログ村
この記事を書いた人
ピロリ

筋トレ歴5年以上・麻雀歴20年以上のアラフォーサラリーマン。関西在住。世知辛い社会を生き抜く傍ら2児の父としても奮闘中。筋トレと麻雀(Mリーグ)関係が中心ですが、ちょっと役に立つような情報も紹介しています。Mリーグはパイレーツ推し。少年野球ではお父さんコーチとしてお手伝い。

ピロリをフォローする
PVアクセスランキング にほんブログ村
役立つ小ネタ
スポンサーリンク
シェアする
メンピンブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました