【サラリーマン向け】初心者でも付き合いゴルフを楽しむ方法【接待用】

役立つ小ネタ
スポンサーリンク

多くの世のサラリーマンが就職してから始めるスポーツといえばゴルフですね!

上司や先輩から誘われて仕方なしで始めた人も多いでしょう。あんまり興味はないけど、やっていた方が会話のネタになるかなと思ってスタートした人もいるはずです。

道具を揃えて、いざコースデビュー!

スコアは散々だけど、やってみると意外に楽しくて「また行きたい!」と思いますよね。練習して上手くなって、道具もお気に入りのものを買い始め、次第にゴルフが趣味になっていく。

しかし、ゴルフが趣味になると問題も

サラリーマンの宿命、付き合いゴルフに誘われるようになるんですね。笑

ゴルフは楽しい、コースに行きたい、でも苦手な人とは回りたくない…。仕事と趣味がゴッチャになった、微妙な感情でゴルフに行かなければいけない経験をした人も多いでしょう。

今回はサラリーマンゴルファーに贈る、付き合いゴルフを楽しむ方法をお伝えします!

ピロリ
ピロリ

僕も社会人になってゴルフを始め、付き合いゴルフを何度も経験しました。

微妙な相手とも何度もご一緒しましたが、楽しくゴルフができた経験もありましたのでぜひ参考にしてください。

ポイントは3つです。

  • 純粋に楽しむ。
  • トータルスコアはいらない。
  • 気持ちのいいプレーをする。

順番に解説していきます。

スポンサーリンク

初心者でも付き合いゴルフを楽しむ方法

純粋に楽しむ

ただゴルフを楽しむ!

この一言に尽きます。笑

ただただゴルフを楽しめばいいのです!

せっかくの休日で、お金を払ってコースに行って相手のことばかり気にしても勿体ないだけです。

一緒にプレーする人(同伴者)はあなたのことを気にしてません。笑

付き合いゴルフが苦手と考える人は、同伴者のことを気にしすぎです。

純粋に一打一打を楽しく、伸び伸びプレーすれば良いのです。

下手に気を使っていると同伴者もプレーしにくいです。

もちろん、マナーはちゃんと守りましょう

ボールを探すときはクラブを2・3本持ちながら走って行く、素振りをしすぎない、グリーンのラインを読みすぎない。

遅延プレーは大迷惑です!

同伴者よりも、プレイ中のマナーであったり遅延プレーに気を使いましょう

純粋にゴルフを楽しめる人からすれば基本的なことですね。

遅延プレーをしないための道具として、残りのヤードが一目でわかるアイテムを使うこともおすすめです。

トータルスコアはいらない

これは中級者以上の方に伝えたいことです。

純粋に楽しむならスコアが大事」「スコアを伸ばすためにゴルフをしているんだ

気持ちはわかります。

特に100や90を切れるかどうかの瀬戸際になると、スコアが気になりますよね。

この一打に神経を集中してバーディやパーを目指す。

たしかにゴルフの醍醐味です。

ですが、それは付き合いゴルフではやめましょう

18ホールの間、ずっとスコアが良いなら一日楽しく回れますが、ほぼそんなことはありませんよね。

いくら集中して頑張ってプレイしても、ときにはOBを打ってしまったり、スリーパットをしてしまったりするのがゴルフです。

スコアにこだわっていると、調子が悪くなったときに不機嫌になったりイライラしたりします

そうなると、みんなで楽しく回ることが難しくなります。

トータルスコアを気にするのは、コンペや真剣に回れるメンバーでプレーする時にしましょう。

今日は楽しく回ることが目標と割り切って、付き合いゴルフに行きましょう。

気持ちのいいプレーをする

ゴルフは紳士のスポーツです。

気持ちのいいプレーがみんなを楽しくさせます。

キビキビした動きや爽やかな声でプレーすることを心がけましょう。

同伴者にポジティブな応援も良いですね。

3人や4人でラウンドしていると、誰かの調子が悪くなる場面もあります。

ナイスショット・ナイスバーディ・ナイスパー、あなたの気持ちのいい声で同伴者の調子が戻ってくるかもしれません。

自分が楽しむために、同伴者も楽しい気持ちにさせてあげましょう!

初心者は自分のプレーで必死になりますが、余裕が出てくると楽しみも増えますよ。ゴルフが上達すればなおさらです。ゴルフスクールで教わるのも良いですね。

スポンサーリンク

付き合いゴルフにおける悪い行動

ここからは付き合いゴルフで、僕が経験して良くないなと思った行動を紹介します。

もし自分がこの行動に当てはまっているなら、改善した方がいいでしょう。。

調子で機嫌も変わる

このタイプの人は結構多いです。笑

スコアがちょっと崩れたり、OBなんかするとイライラして機嫌がすごく悪くなっていませんか?

気持ちはわからなくないですが、ほんとに勘弁してほしいです。自分への怒りなのでしょうが、周りも困ってしまいます

同伴者が後輩や部下の場合は気を使うなという方が無理です。

スコアが悪くてもすぐに切り替えて、付き合いゴルフを楽しいゴルフにしましょう。

教えたがり

どちらかと言えばシニアの方に多いですね。

何でもすごく教えてくれます。笑

特にスイングを教えてくれる方は多いですね。

少しアドバイスをくれるのは嬉しいのですが、ずっと教えてもらうのは困ります

そもそも教えてもらっても、その場ですぐに実践できません

初めてコースデビューする人にはまだいいですが、中級者クラスになると自分なりのやり方もあります。

アドバイスは求められた時に答えるようにしましょう

やりすぎるとちょっとジャマがられます。

イカサマをする

イカサマをする人なんかいないと思うでしょう。

意外といるんですよ。笑

明らかにないはずの場所にボールがあったり、スコアを少なく申告したり、あの手この手をしてズルをしている人が稀にいます。

付き合いゴルフにスコアは関係ないですが、イカサマをしているとわかれば同伴者の気分は良くないですよね。

ピロリ
ピロリ

本人は気づいてないと思ってやってるのかも知れませんが、大概バレてますよ。

同伴者のボールの行方も見ていますし、スコアもだいたい数えています。

何度も言いますが、ゴルフは紳士のスポーツです。

イカサマをすると確実に嫌われますよ。

絶対にやめましょう!

まとめ

  • ただゴルフを純粋に楽しむ同伴者を気にしすぎない。
  • トータルスコアはいらない。楽しく回ることを目標とする。
  • 同伴者も楽しくなる、気持ちのいいプレーをする。
  • 調子で機嫌が変わる人・教えたがりの人・イカサマをする人は改善を。

今回はサラリーマンの付き合いゴルフについて書いてみました。

ゴルフは本当に楽しいスポーツです。

同時にビジネスの一環として使われるときもあります。

たとえビジネスとはいえゴルフは楽しくプレイしないと損ですよね。

マナーや気遣いを忘れず、付き合いゴルフを楽しみましょう

どうしても付き合いゴルフを楽しむのは無理だという人は、最初から断るのも手ですね。

今回は以上です。

ポチッとして応援してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました